ピアノ調律師になるために必要なこと

小さい頃にピアノを習っていた人、また音楽関係の仕事に就きたいと考えている人は、ピアノ調律師という選択肢があります。ピアノについて詳しくない人にとっては、聞きなれない職業かもしれません。しかし、ピアノを演奏するにあたって必要不可欠な存在と言える職種なのです。

この仕事に就くためには、一般的に専門の学校を卒業することが必要となります。多くの調律師は専門の学校で知識や技術を学び、その後活躍しています。活躍している人に個人的に指導を受けるという人もいますが、昔に比べて最近はあまりいないようです。

主な業務は、ピアノの音を調整して、正確な音が出るように整えていくという仕事になります。ピアノは演奏を重ねることで音が微妙にずれてしまうため、定期的なメンテナンスが必要となるわけです。

個人的に調律してもらうこともありますが、ピアノ教室などと契約していることもあります。コンサートホールなどで活躍する人もいるようです。