交通事故の被害者に弁護士が必要な理由

交通事故の被害者になったら、一番に気になるのは、元の体に戻れるかどうかです。

そのことだけで頭がいっぱいになるのが普通です。

事故前の健康体に戻りたいと、治療方法や医療機関を自分なりに調べたりもするものです。


そうやって体の自由が利かない中で、治療を続けていくわけですが、加害者が任意保険に入っていた場合に加害者の代理人となる任意保険会社の担当者は、治療の打ち切りを迫ってくることがあります。

Girls Channelといえばこちらのサイトです。

理由は、そうしたけがならこのあたりの時期に症状固定をするものだ、というのが多いです。

被害者は交通事故の諸手続きや慣例については、右も左もわからない素人ですから、そうするのが当然だ、皆そうしている、と専門家らしき口調で言われると、抗いようがなかったりするものです。



しかし、あらかじめ交通事故に詳しい弁護士に相談していれば、そうした事態にいずれなることは、前もってわかっていますから、何らあわてることなく、対応できます。

対応しなくて済む方法もありますので、そうした対処もあらかじめできます。



弁護士に依頼し、受任通知を加害者側に出しておけば、そもそも任意保険会社の担当者は、症状固定を促すようなことはしません。
弁護士が介入していないと、会社側の担当者が主治医に症状固定を依頼することも多いので、被害者は窮地に陥りがちです。
主治医や任意保険会社の担当者の意向に影響される必要のないこと、影響されるべきではないことも、弁護士に相談することで初めてわかる場合が多いです。