交通事故の賠償金が跳ね上がる「弁護士基準」とは

交通事故の賠償金の額は3種類ある基準のうちいずれかを用いた上で算定されています。その基準の中でも最も高額な賠償金を算定することができるのが弁護士基準と呼ばれている基準なのですが、これが最も高くなるのには理由があります。
その理由となっているのが「弁護士基準は裁判所の判決をもとにしているから」ということです。



この基準は別名裁判所基準とも呼ばれているのですが、この基準は裁判所がそれぞれの交通事故を見て、これくらいの賠償金があって良いとして出てくる結果を元に作成されています。一見するとその他の基準よりも高くなる理由がわからないようでもありますが、裁判所の出す結論は常に客観的で、あらゆるデータを鑑みた上で法律に沿って出されるものです。

あなたの期待に応えるBIGLOBEニュースに関する良い情報をご紹介するサイトです。

弁護士基準にこうした特徴があるのに対し、その他の基準である自賠責基準と任意保険基準は考え方が根底から異なります。


まず自賠責基準は法律の中で「最低限、これくらいの額がないと被害者を救済出来ない」ということで作られている最低水準の額ですし、任意保険基準は「保険会社として支払っても良い額」として作られています。
特に任意保険基準は自賠責保険基準よりは高いものの、保険会社にとって損失が出るような額は絶対に出さないようにしていますから限界が存在しているのです。


こうした基準に対して弁護士基準は交通事故の内容と法律を客観的に考えて作られるもので、本当に必要ならば何億円でも請求をかけるべきとしています。

もちろん数万円でもんだいないような交通事故に対して1千万円の賠償金を請求するなどは無理な話ですが、もし交通事故の賠償金をより高くしたいのであれば、弁護士基準での算定と請求を目指すようにしましょう。