交通事故の示談は弁護士へ依頼するのが一番です

交通事故に合ったときには相手の保険会社と示談交渉をすることになりますが、一般の人が安易に示談交渉をすることは極めて危険です。
一般の人は法的知識がないために保険会社の言いなりになりますが、保険会社は民事上の話ししかしません。しかし、弁護士へ依頼することで相手の保険会社が民事上の話しをしても弁護士は法律に則って話しを進めていきます。

法的な話しは裁判でも使われる話しなので、万が一、裁判にかけても弁護士に依頼した方が非常に有利になるでしょう。

交通事故に遭遇しなければ使うことがなかった費用も損害賠償の一部として計算して相手の保険会社へ請求します。

万が一、相手の保険会社が弁護士が提示する示談金に応じない場合には裁判にかけ、裁判で決めることになります。ですが、弁護士が請求する示談金は裁判基準になっているために、ほとんどの保険会社が速やかに示談に応じます。裁判をしても裁判基準で支払うことになるために裁判をしないで解決しようとします。

交通事故で通院をした場合には3か月程度で保険会社から打ち切りの話しが来ますが、安易に示談に応じてはいけません。
後遺症が残った場合には遺失損害利益として相手に請求することが可能ですが、素人が簡単にできる交渉ではありません。

朝日新聞デジタルに関する情報選びの耳よりな情報を公開しています。

法律事務所へ正式に依頼した場合には相手の保険会社からの連絡が一切なくなり、全てのやり取りを法律事務所が行ってくれます。



そのために、治療に専念することができるようになります。