交通事故と弁護士について

交通事故に遭ったら、早めに相談をしておきたいのが弁護士です。
それにより、示談金や慰謝料の交渉をして貰う事が出来ます。ただ、事故の被害者の立場であれば、慰謝料や示談金はしっかりと支払って貰える、交渉の為に費用をかけるとその分、損をしてしまうというイメージを持つ人もいるでしょう。

確かに、個人絵交渉をした場合とは違い、弁護士に支払う費用は発生する事になります。

ただ、個人で交渉をした場合、慰謝料や示談金が支払われない可能性もあります。

交通事故が発生した時、被害者と示談金交渉をするのは、加害者側の保険会社です。



保険会社は、支払う慰謝料や示談金が多くなれば、それだけ会社の損失に繋がります。

ですから、少しでも少なくする為に、あらゆる理由をつけて、金額を減らす、もしくは支払わなくて済む状態へと持っていきます。

そんな保険会社と個人で対等に交渉するという事は簡単ではありません。

マイナビニュース情報をお探しですか。

個人で交渉をしていると、慰謝料や示談金に不満があっても、受け入れるしかない状態になる可能性が高くなります。



それに対して、弁護士は交通事故に対する知識もしっかりとしているので対等に交渉が出来ます。


それにより、全く示談金が支払われない事になりそうだった状態を、しっかりとした示談金を受け取れる状態に変えてくれるという事も少なくありません。

それを考えると、多少の費用がかかったとしても、交通事故に遭ったら、早めに弁護士に相談しておく事がおすすめです。