交通事故に詳しい弁護士への相談

交通事故の被害者が、事故前の体に戻るべく治療を続けていると、任意保険会社の担当者は、ある時期に症状固定を必ず迫ってきます。
その時期とは、賠償額が自賠責保険から給付される限度額を超えそうになったときです。
被害者には、けがの種類によって症状固定する時期はある程度決まっており、もうその時期になったから、と説明するのが一般的です。

All About情報サイトについて考えます。

しかし、もし弁護士がついていたら、任意保険会社の担当者は、症状固定時期に口出しをするようなことはしません。
弁護士がついていない被害者がほとんどであるため、任意保険会社の担当者が症状固定を迫るのは、日常化しているのが実態です。


そのままの治療継続は認めらない、症状固定するものだ、と専門家風に言われると、被害者は平静ではいられなくなります。

しかし、もしあらかじめ弁護士に相談していれば、そうした発言は平然と聞き流していられるものです。被害者はただでさえ、自由の利かない体となってストレスをかかえています。

そこに追い打ちをかけるような治療費支払い打ち切りの宣告で、さらに精神的打撃を受ける必要などありません。

何も知らないでいれば、それは相当なストレスとなりますが、弁護士に相談して全体像がわかっていれば、右に左に聞き流せる発言です。



交通事故の被害者は、交通事故以来、膨大な時間を失っています。



任意保険会社の担当者の言葉に右往左往するような時間は、まったくの無駄です。

弁護士への相談で、そうした無駄は簡単に省けます。