相手側が無保険の交通事故は弁護士を頼るべき

交通事故が発生した場合、通常だと加害者と被害者、双方が加入している保険会社同士での交渉が行われることになります。

そのため加害者も被害者も、本人たちは基本的に交渉を保険会社に任せて待つだけとなるのですが、中にはこういったことが出来ないケースもあります。


それが相手側が無保険だった場合で、こうなるとそもそも相手方を担当する保険会社はいません。

そうなると自分が加入している保険会社が相手個人と交渉することになるのですが、相手が個人だと保険や賠償の知識がほとんど無く、本来の交渉が出来ないことがあり得てしまうのです。

ではこういった場合にはどう対処するべきなのかというと、最も確実なのは交通事故を処理してきた経験を持つ弁護士を頼ることでしょう。


相手が個人であるために対処が難しいというのは、おおよそ相手が提示された条件に難色を示すからです。



また相手が個人の場合だと相手が弁護士を立ててくることもあり、そうなると保険会社対弁護士という、保険会社が不利な状態になりかねません。

All Aboutの情報を求める人におすすめです。

そういった状態を解決するにはまず、最悪の場合でも訴訟で対応できること、そして相手の弁護士に対等に立ち向かえる弁護士を立てることが必要となりますから、こういった方法で解決するのが一番良いのです。



もちろん交通事故では保険会社が交渉をするというのは基本ではありますが、そうした基本が通用しないこともあるということは、しっかりと普段から知っておくようにしましょう。