交通事故に備える弁護士特約とは

交通事故が起きた時に備えて加入するのが任意保険ですが、そこで特約の一つとして用意されているのが弁護士特約です。
しかし通常、交通事故が発生した際には任意保険会社が交渉を仲立ちしてくれるものですから、一部には弁護士特約を不要だと言うケースもあります。

確かにおおよその交通事故の場合はそういった形になるのですが、だからと言ってこの特約が不要であると言うことにはなりません。



ではどうしてそう言えるのかと言うと、まず一つ目の理由となるのが交通事故の交渉がこじれた場合です。

お互いの過失割合を巡って交渉が難航したり、賠償額に納得が出来ないなどのように交渉が難航した場合、保険会社ではいくつか対応が難しい部分も出てきます。



特に「裁判で決着をつける」という選択をするのであれば弁護士に依頼する必要があるのですが、特約が付いていないとその費用を自分で負担しなくてはならないことがあります。

よって特約をつけることは決して無意味ではありません。

次に二つ目の理由となるのが無過失事故の場合です。

例えば自分が赤信号で停車している状態で後ろから追突されたなどの場合、相手側に完全な過失があります。

しかし現在の保険の制度だと、弁護士法の関係で無過失事故の場合は保険会社が交渉の席につくことが出来ないと規定されています。

そのため無過失事故で相手側と交渉をするとなると弁護士の力が必要になることも多く、この点からも特約をつける意味はあると言えます。また加害者側が無保険車だった場合には個人同士での交渉になる可能性が極めて高いですから、そうしたケースに備える意味もあるでしょう。

この特約を使っても保険の等級が下がるということはありませんし、特約をつけたことで保険料が大きく上がると言うこともありませんから、可能な限り保険にはこの特約をつけておくことをお勧めします。

朝日新聞デジタル情報を利用してみませんか?