交通事故に遭遇した場合には弁護士探しが重要です

交通事故に遭遇した場合には翌日に相手の保険会社から連絡が入りますが、保険会社の対応は非常に丁寧で親切な対応になります。

しかし、これは保険会社が親切に対応するには理由があります。



最終的に保険会社が提示してくる示談金は非常に安い示談金を提示するために、この低い示談金で示談を成立させる必要があるために丁寧に対応します。

相手の保険会社が丁寧だからと言って簡単に示談に応じることは非常に危険です。

交通事故の場合には後遺症が残るために長期的な治療になることが一般的です。しかし、示談金の金額には自賠責基準と任意保険基準と裁判基準がありますが、自賠責基準は最も低い金額になっています。
そこで弁護士へ依頼すると最も高額な裁判基準で請求するために高額な示談金を勝ち取ることが可能になります。

弁護士は法的知識が豊富なために裁判基準で請求する様々なノウハウを持っています。

ですが、全ての弁護士が交通事故に関する知識が豊富なのではなくて、交通事故を得意分野にしている弁護士へ依頼することで裁判基準で示談を成立させることができる可能性が上がります。交通事故に遭遇した場合には警察へ報告して保険会社にも報告しますが、次に行う必要があるのが、事故に強い弁護士を探すことでしょう。



法テラスでも事故に関する相談を無料で行っているために最初は法テラスへ相談に行く方法もあります。



法テラスで相談した結果、高額な示談金を取ることができると判断したら正式に依頼するのも良いでしょう。