宮崎県のアルバイト

宮崎県日向市の美々津は、市の南端を流れる耳川の河口に位置している港町で、神武天皇がここから東征したとの伝説も残るほど早くから開けていた場所です。ここ美々津の町並みは、国の「重要伝統的建造物群保存地区」にも指定されており、今でも歴史的なたたずまいを残しています。

天然の良港を中心として、高鍋藩のもとで「美々津千軒」とよばれた江戸時代から、一時は県庁も置かれていた明治時代にかけて、美々津では廻船業が特に発達したことから、保存地区内には江戸時代の木造の大規模な廻船問屋の建物などが多く残されているほか、他にも道路沿いに切妻、平入りの伝統的な建物が見られます。

また、地区内にはメインとなる道路のほか、これらと直角に交わる「つきぬけ」と呼ばれる防火用の通路も設けられていて、古い時代のようすをよく伝えています。

現在はメインの道路は石畳で整備され、散策しやすくなっているほか、江戸時代の呉服屋を改装した休憩所も開設されていて、名物「お船出だんご」などの特産品も購入できるようになっています。